2013年09月05日

将棋 と チェス 盤上比較 マス考察



自分の頭の中を整理する為に書いたメモ。


DSCN1086.JPG


上がチェス盤で、下が将棋盤。

どちらも手前側が自分で、先手。


これだけでもう二つのゲームの考え方が違うんだろうな…と思った。



でもまあマスという概念は一緒だね!笑


でもこのマス…

皆さんどうしているのか聞いてみたいところでもあるのだけど



メモってどうしてますか?



最初は小さなノート(横罫線)に升目を書いていたのだけど、とっても面倒くさいですよね?


そんなことしねーよという根本的な否定はよしていただいて。

みなさん戦法を覚えたりする時、詰将棋を解く時やチェスのトレーニングブックなど

どうやって覚えているんだろう。



少し考えた結果、升目ノートに書いてみればいいんじゃないかと落ち着きました。



それで買ったのがこれ。


DSCN1078.JPG


LIFEのノートは開きやすく、色もクリームで目に優しいです。

白地にブルーの罫線だと強すぎて目がチカチカしてしまい、断念。

黒のペンも青のペンも埋もれない(ただ若干、赤は埋もれる?)いいノートです。



詰将棋問題集を、これで汚さずに使い込めるるんるん


DSCN1079.JPG


自分にとって一つ一つの事が新鮮で、やっぱり新しい事を初めて良かったなあ。


でも依然としてチェスのノート問題は解決していません。

PCでシートを作って、穴あけパンチしてファイリング…なんてことになるのかしらね??



******



日本にはチェスの文化は殆ど根付いていないと思う今日この頃…。

でも、不思議と、友人で数人は指せるんですよねえ…

なんで将棋は指さないんだろうふらふら



自分なりに考えてみると、将棋は触れるのは易しいんだけど、とても複雑な駒の動きをするから…かな?

チェスは取った駒を使えません。(公式ルールだと)

そして「成る」という概念もありません。

ビショップは生涯ビショップです。

唯一例外なのがポーン。

将棋で言う歩兵で、動きも一緒です。取れる駒は違うけど。

その点で言えば、一番両者通じるところのある駒ではないでしょうか。

基本的にはチェスの駒はポーン以外、動ける範囲の規定もあるけれど前進も後退も出来ます。

この二つの駒はチェスであれ将棋であれ、誠実なヤツだなあと思う。


「何の駒が好き?」

と聞かれて「歩兵」と人生の道しるべ的に答える方もいらっしゃいます。



両者「成る」ことが可能な駒ですが、チェスの「成る」は半端ない成り方をする。

一般的に最強の駒と言われているのがクイーンで、全方面にいくらでも進める。(変則的な動きと、駒の飛び越しは禁止)


…その…最強の女戦士、クイーンになっちゃうんですよねえ。笑


すっごい出世とかそういうレベルじゃないよ、人間がいきなりドラゴンになりました、みたいなレベルの強さを誇るわけです。

相手の陣地の最果てに行けば。


将棋は相手側の陣地と言っても三段以内にたどり着けば「成る」事が出来る。

三段の間に成らなきゃいけない事でもあるんだけど、そうすると金将と同じ価値を持つ駒に変身。

「歩兵もポーンと同様、成れる」と聞いた時、胸がときめきました。ぴかぴか(新しい)

でも、実際は将棋にはクイーンのような駒はないんですね。

将棋で言うところの最強の駒って、何でしょうねexclamation&question

私はまだまだ知り得ておりません。

何が強くて、ということでもないのかな。

駒得とか駒損とか、そういう考えなのだっけ。


長くなりそうなので、ここらへんで止めておきます。笑


一週間に一度、更新できたらいいなとか言っておいて

すごい更新頻度だ…

これで一気に更新しなくなったら本当に救いようがないもうやだ〜(悲しい顔)

気をつけます…


次回はどんな事を書こうかな〜


ぼちぼち、いきます。手(パー)


将棋盤に駒、本、ノート。




ここから、ここから。


posted by 矢張 at 02:48| Comment(0) | チェスと将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。