2013年09月23日

将棋 今日の三手詰 1 (持ち駒なし)


こんばんは。

休日となると、気が抜けて昼寝をしてしまいますよね。


夜眠れなくなるので本当駄目だなあと思うのですが


気づくとウッカリ眠ってしまってたりする…


気持ちいいんですけどね〜

この微妙な時間まで目が冴えちゃうというジレンマ…


それが嫌で、休日昼寝なんてしないのにどんっ(衝撃)



まあぐちぐち言っても仕方あるめえよ。

さて今日は。


三 手 詰 exclamation×2


ですexclamation


行きますよ〜


DSCN1110.JPG

<※持ち駒なし>



ううむ?

うむ?



流石に初回は解けませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)



はて解けましたか?いいえ解けませんでした。(自問自答)



******



正解は

▲2三龍 △1五玉 ▲2五龍 まで。


華麗なる鬼ごっこ…



最初私は ▲2五銀かな?

と思ってヒョイと打ってみたんですが…

これは不正解。

この先ちょっと追いつめていっても、王将が逃げ切ってしまいますダッシュ(走り出すさま)

なので、龍を使って順当に(?)追いつめて行くのが正解。



一手詰に慣れて来た矢先…

難易度が上がりすぎて若干パニック。

持ち駒は今回ありませんでしたが、これがまた要素として加わるのか…と思うと

ちょと気が遠くなりますね★


ちなみに、私は最初 三手詰のことを理解しておらず

「三手って、いくつ打つのですか?」

という素朴すぎて意味不明なことを思っておりました。


自分が先手▲で一つ打ち、相手△が一つ打ち、再び自分のターンで▲打って

玉を詰ますのが三手詰。


聞いたところによると、この○○手詰。

七手詰もあるらしい。

というか無限にあるのだろうけど

どれが正解exclamation&question

とか解らなくなってくるんじゃなかろうかexclamation&question


始まりと終わりが同じ形ならまあいっか黒ハート

みたいなことにはならんだろう…


凄いな〜

棋士たちの頭ってのは…

宇宙ですね。

科学者は億単位のニューロンが人間の脳みそに存在すると言うけれど

確かにそんな可能性が本当に実感できそうです。



とまあこんな感じで、今日から三手詰フェーズに移行ですon


また寂しくなって一手詰めを何度かやるかと思いますが

とりあえずこのリズムに慣れる事を目標にしていきます。


さて

秋の夜長はなんとやらですが

明日も仕事、頑張りましょう。


おやすみなさい。



posted by 矢張 at 01:22| 東京 ☀| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。